自己紹介

自己紹介

お問い合わせ
氏名   :手塚 傑(てづか すぐる)
血液型  :AB型
生年月日 :1981年12月22日
出身地  :愛媛県松山市
居住地  :岐阜県高山市
趣味   :サッカー観戦(にわかなバルサファンです)
学歴   :高校を中退して義務教育のみ
      (お恥ずかしいお話です)
保有資格 :行政書士
      社会保険労務士
      個人情報保護士
      日商簿記検定2級
      甲種防火管理者
      第一種普通自動車運転免許
主な職歴 :建築外壁工事
      交通誘導警備員
      遊技事業(パチンコ店)
居住経験
のある場所 :
      愛媛県松山市、岐阜県高山市                 
      大阪府豊中市、大阪府大阪市
      兵庫県西宮市、兵庫県尼崎市
      京都府京丹後市
      埼玉県さいたま市
      千葉県富里市、埼玉県幸手市
      埼玉県行田市、栃木県佐野市
(引っ越しの回数は15回〜20回!)
座右の銘 :
『努力したものが報われるとは限らん。
 しかし、成功したものは
 皆すべからず努力しておる!』
 (漫画はじめの一歩の会長のセリフです)

 

自己紹介

 

はじめまして。
社会保険労務士・行政書士の手塚傑です。
少しでも私のことを知って頂きたく思い、
自己紹介をさせて頂きます。
最後までお読み頂ければ嬉しいです!

 

高校中退から資格取得まで

 

私は、若気の至りもあり
高校を中退しました。

 

その当時16歳。
体力に自信があるわけでもなく、
特別な技能があるわけでもない。
そんな状態で何も考えずに
勢いだけでフリーターになりました。

 

「とりあえず、何か仕事しなきゃな」

 

と求人情報誌を読み漁りましたが、
年齢条件で門前払いのところも多く、
就職活動は非常に難航しました。
やっとの思いで職にありつけることが
出来たのは、建築外壁工事の職人仕事。
器用さもなく、若いのにも関わらず
体力もなく、今思えば本当に迷惑な従業員だっただろうなと思います。
しかし、どうしても続けていく自信が湧かず、1年足らずで退職。
その後は、交通誘導警備員、
工事現場の誘導員をしたり、
飲食店のバイトしたりと定職に
つかずふらふらしておりました。
そんな中、19歳の時にパチンコ店で働くことになりました。
当時、私はパチンコ店で遊んだこともなく、どうせすぐ辞めるだろうなと
思いながら働いておりました。
ところが、いざ働いてみると色々と勉強になることが多く、
また、その法人様が挑戦をさせて頂ける環境を提供して下さったこともあり、
その後、約18年間パチンコ店で長く務めておりました。
このまま、なんとなくこの業界で働いていくのかな?と漠然と考えておりました。

 

資格を目指した理由

 

大きな理由は3つです。
@パチンコ業界の先行きが不安になったこと。
A営業活動の現場を支える裏方仕事に魅力を感じたこと。
B自分が嫌な思いをしたことをないような組織づくりに挑戦したかったこと。

 

まずは、@について。
パチンコ業界は、非常に厳しい状況にあると思います。
遊技参加人口は最盛期の3000万人から800万人ほどに減少。
店舗数も18000店舗程から9000店舗程に半減。
規制だったり、世論だったり業界を取り巻く環境は
本当に先行きが全く見えない状態です。
先日のコロナ禍での報道の在り方もあり、更に拍車がかかって
状況を悪化していっているように思います。
そんな中で、自分の生活を守ることは出来るのか?
不安が募り、焦っておりました。
そこで「行政書士」の存在を知りました。
資格取得=独立開業とのことで、
挑戦しよう!と思った事が資格を取るきっかけになりました。

 

そして、Aについて。
パチンコ業界の管理職になると、業務範囲が多岐に渡ります。
顧客対応、人事労務管理、備品管理、営業数値管理、遊技台管理・・・
と少人数で対応しなければいけないことが多く、
大変な思いをしながら業務にあたっておりました。
営業管理・顧客管理をする人はそれだけに専念していた方が、
効率があがるのではないか?
行政提出用の書類を作るような雑務は、別の人に任せて
お客様を増やすことだけに専念する方がいいのではないか?
また、営業管理が得意な事と労務管理が得意なことは比例しません。
私が勤めていたところだけなのかもしれませんが、
どうしてもゼネラリスト型の育成方針が多く、
顧客管理が得意な人間が書類づくりをしたり、その逆も然り。
行政対応や書類整備などの雑多なことを、「行政書士」として
引き受けることで、現場でお客様対応に当たる方の重荷を減らすことが
出来るのではないのか?
そのように思った事もこの道を目指した理由です。

 

そしてBについて。
本当に嫌な上司に巡りあいました。
具体的に言うと、労働環境が最悪でした。
サービス残業当たり前。
気に食わない部下がいれば、職権をつかって
いじめともとれるような処遇をする。
昼2時出勤、翌日10時退勤をさせれている中、
その上司は近くの店でパチンコして遊んでる。
他にも、転勤前日に通知され次の日までに引っ越しを済ませろ!
などなど。
そこで「社会保険労務士」を目指そうと思いました。
同じような思いをする人を少しでも減らしたい!
そう思って頑張りました。

 

最後に

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
私は上に書いてあるように、学もなく本当にとりえのない人間です。
まだまだ、未熟者ではありますが誰よりも全力で
皆様のお役に立ちたいと考えております。
誰もが働きやすい環境を作ることで、
事業の発展につながっていくと確信しております。
今後も何卒宜しくお願い致します。

page top