遺言書作成 相続対応

遺言書・相続

まず、「相続」とは、ある人が死亡した際、その人の財産をある特定の人が引き継ぐことを言います。
相続が発生した際、行わなければならない手続きは少なくありません。
中には期限が定められた手続もあり、期限を過ぎると、

 

メリットになる特例を受けられなくなるほか、
ペナルティーを科せられる可能性もあります

 

相続の際にやるべきこと。

 

遺言書の確認をする

 

まずは故人の方が遺言書を残されているかの確認をしましょう。
公証役場に公正証書遺言を残されいる場合もありまし、
自宅に保管している場合もあるでかもしれません。
法律では故人の方の意思を優先します。
また、遺言書を適性な方法で開封しない場合や
破棄や改ざんなどをしてしまうと大きなトラブルに発展する可能性が御座います。
専門化に相談することから始めるほうがいいでしょう。

 

戸籍を取得する

 

高齢で亡くなった方や転居が多かった方などは
全ての戸籍を取り寄せ得るのも非常に大変な作業になる可能性があります。

 

相続人を確定する

 

遺言書がある場合は遺言書が優先されます。
相続人が誰かは民法で決められています。
遺言や死因贈与契約がなければ、
相続人以外の人が相続財産を取得することはありません。
相続の対象になる人は誰なのか?
確認をしなければなりません。

 

財産を確認する

 

故人の方の財産がどれくらいあるのか?
把握されている方は少ないでしょう。
こちらで言う財産とは「負債」も含まれます。

 

遺産分割協議を行う

 

相続人と相続財産が確定したら遺産分割協議を行います。
なお、遺産分割協議の内容は、文書化する必要があります。
今後、相続人同士で「言った・言わない」などの争いを防ぐだけでなく、
その後の各種手続のための必要書類となるからです。

 

預金口座の確認をする

 

預金口座は死亡が確認されたら、金融機関によって凍結されます。
相続手続きが完了するまで預金を動かすことが出来なくなります。

 

行政書士に出来ること

相続の手続きは多岐に渡りますが、
行政書士に出来る業務は主に以下のようなものがあります。

 

・遺言書作成
・遺言の執行や執行者になること
・相続人調査
・遺産分割協議書の作成
・財産調査や遺産目録の作成
・相続関係図の作成
・戸籍取得
・銀行預金の相続手続き
・株式の名義変更手続き
・自動車の名義変更手続き

 

 

相続は普段の生活の中で対応することは少ないと思います。
また、上記以外にも生命保険の手続きやクレジットカードの対応、役場への届出等、非常に煩雑になります。
故人の方が亡くなった悲しみの中、日常生活を営みながら、不慣れな対応をしていくことは本当に大変だと思います。
少しでも、スムーズに手続きが出来るように最大限のお手伝いをさせて頂きます!

遺言書作成 相続対応記事一覧

このようなお悩みはありませんか?・自分が亡くなった後に親族で揉め事が起こらないだろうか?・自分の親に遺言書をかいてもらいたいけどどうしようか?・そもそも遺言書をどのようにかけばいいのかわからない。こちらのページでもご紹介した通り、人が亡くなった後の事務処理は煩雑になります。その際の手続きを少しでも円滑に進める為にも遺言書を準備しておくことは非常に大切です。遺言書を一人で作ることは危険です!!遺言書...

page top