契約書作成

契約の種類。

契約の類型

民法では13種類の「典型契約」が定められており「有名契約」と呼ばれております。

 

典型契約一覧

 

贈与
贈与とは契約当事者の一方が無償で財産を相手方に与える契約です。
売買
契約当事者の一方が有償で財産権を相手方に移転する契約です。
交換
契約当事者がお互いに金銭以外の財産権を移転する契約で、いわゆる「物々交換」が該当します。
消費貸借
契約当事者の一方が相手方から何かを借り、それを消費した上で、別の同等のもので返す契約です。
使用貸借
契約当事者の一方が相手方から無償で何かを借り、それを使用した後に相手方に返す契約です。
賃貸借
契約当事者の一方が相手方に賃料を支払って何かを借りる契約です。
雇用
契約当事者の一方が働き、相手方がその労働に対して報酬を支払う契約です。
請負
契約当事者の一方がある仕事を完成することを約し、相手方がその仕事の結果に対して報酬を支払う契約です。
委任
契約当事者の一方が相手方に法律行為をすることを委託し、相手方がこれを承諾する契約です。
寄託
契約当事者の一方が相手方のために物を保管する契約です。
組合
複数の契約当事者が出資をして共同の事業を営む契約です。
終身定期金
契約当事者の一方が、自分、相手方または第三者が死亡するまで、定期的に金銭を相手方または第三者に与える契約です。
和解
契約当事者がお互いに譲歩をして、その争いを解決する契約です。

 

以上の13種類が民法に規定されている「典型契約」です。

 

民法では次のように規定されております。

521条
何人も、法令に特別の定めがある場合を除き、契約をするかどうかを自由に決定することができる。

 

2.契約の当事者は、法令の範囲内において、契約の内容を自由に決定することができる。

 

法令の範囲内であれば、どのような契約を結ぶのか?
もしくは結ばないのか?自由に出来ます。

 

様々な取引の形態があり、現在では様々な「非典型契約」があります。
民法典に定義されていないことから、「無名契約」とも呼ばれます。

 

良く取り扱われているものとして

 

リース契約

 

フランチャイズ契約

 

秘密保持契約

 

労働者派遣契約

 

ライセンス契約

 

携帯電話使用料

 

など上げていくとキリがありません。

 

そして、こららの契約は民法典での取り決めがないものもあり、
当事者間で意見の食い違いがあった場合は契約書が重要な意味をもちます。

 

「無名契約」を締結するにあたっては、契約の種類も考えていく必要があります。

 

契約の種類

 

双務契約と片務契約

 

双務契約とは、当事者双方が相手方に対して債務を負う契約とされております。
典型例としては「売買」がこれにあたります。

 

買主は、代金を支払うという債務を負い、売主は商品を引き渡すという債務を負います。

 

これに対して、片務契約は当事者の一方のみが債務を負う契約になります。
典型例では、「贈与」がこれにあたります。

 

贈与では贈与をする側のみが一方的に債務を負うことになります。

 

諾成契約と要物契約・要式契約

 

諾成契約とは、当事者の申込みとこれに対する承諾のみによって成立する契約です。
ほとんどの契約はこの諾成契約にあたると思います。

 

もう少し具体的に言えば、当事者の合意のみによって成立する契約で、契約をしたいという一方当事者の申込みに合致する承諾の意思表示だけで、他の要件を問わず有効に成立する合意のことを指します。

 

要物契約とは、その成立に目的物の引き渡しを要するものをいいます。
こちらの代表例は動産に対する質権設定などがこれにあたります。
2020年の民法改正前までは、消費貸借契約も要物契約の代表例でしたが、
書面による契約では要物性を要求しておらず、現行法では要物性のあるもとそうでないものが規定されおります。

 

要式契約とは、その成立につき、一定の方式を要するものです。
連帯保証契約などは、書面を作成することで成立しますので要式契約の代表例と言えます。

 

有償契約と無償契約

 

このうち有償契約というのは、当事者が互いに経済的出損をすることを要するものです。
たとえば、売買についてみると、売主は商品という財産を手放し、買主は代金を支払うこととなりますので、有償契約です。請負や雇用もこれに該当します。
ビジネス上の取引は、そのほとんどが有償契約で成り立ちます。

 

 

 

諾成契約のご説明でも少し触れましたが、ほとんどの契約は当事者間の合意によって成立します。
ですので、口約束のみで有効な契約は成立します。
しかし、無名契約や典型契約と無名契約の混合契約など複雑な内容になればなるほど、
トラブルが発生した場合には、「契約書」が自分の権利を守るための重要な武器になります。

 

 

ポイント
結ぼうとする契約はどの類型に該当しますか?
「典型契約」なのか「非典型契約」なのか?
「諾成契約」なのか「要式契約」なのか?
「双務契約」なのか「片務契約」なのか?
「有償契約」なのか「無償契約」なのか?

 

 

 

 

 

page top