就業規則作成

就業規則作成

会社の基本的ルールを定めたものが就業規則です。

 

労働基準法では常時使用するも者が10人以上の事業所には
就業規則の作成と労働基準監督署に届け出をする義務があります。
(労働基準法89条、90条)

 

では、10人未満の事業所は就業規則を作成しなくてもいいのでしょうか?
たしかに、法律上の義務はありませんが、
従業者との間で揉め事が発生した場合はどのように解決をはかるのでしょうか?

 

「働き方改革」や「長時間労働是正」など
労働環境への注目が集まる社会情勢を鑑みると
法に則った就業規則を整備して、
労使間で安心して業務に取り組んでいただけ環境を作ることは
必須だと思います。

 

弊事務所に依頼するメリット

 

・法に則った就業規則を整備致します。
・法改正にももれなく対応致します。
・事業所ごとに合わせた、実行可能な就業規則を制定します。

就業規則作成 150,000円〜
就業規則見直し 50,000円〜
事業所の規模、従業員数によって変動します。
詳細はお問合せ下さい。

就業規則作成記事一覧

企業が労働基準法等に基づき、当該企業における労働条件などに関する具体的細目を定めた規則集であると規定されております。また労働基準法89条に常時10人以上の労働者を使用する使用者は、次に掲げる事項について就業規則を作成し、行政官庁に届け出なければならない。次に掲げる事項を変更した場合においても、同様とすると作成・届け出を義務付けております。会社のルールの基礎になるものであり、届け出義務が課されていな...

就業規則に記載する内容就業規則に定めるべき事項は労働基準法に定められております。こちらでご案内することは「最低限の内容」であり、必要十分な内容では御座いません。その点について誤解の内容にお願い致します。大きく分けると3つの内容に分類されます。・絶対的記載事項 法律上、必ず記載しなければいけない項目です。 記載がなければ、就業規則として不備のあるものになります。・相対的記載事項 制度を設ける場合は必...

相対的記載事項以下に記載されいている内容は、事業所にその制度がある場合は必ず記載しなければならない項目になります。1,退職金制度を設ける場合は退職金に関する事項退職金制度がある場合は、その計算方法・支払の時期・方法などを定めなければなりません。支給対象者もはっきりと規定おかなければトラブルの原因になり兼ねません。EX)第●●条勤続 5年以上の 労働者 が退職し又は解雇されたときは、この章に定めると...

任意的記載事項「任意」と記されている通り、使用者が任意的に定めることの出来る事項です。法令その他公序良俗に反しない限り、事由に定めることが出来ます。では、どのような事を制定するのでしょうか?一般的に多いものは以下の通りです。・就業規則の目的・就業規則の根本理念・就業規則の適用範囲・服務規律・採用に関する内容・異動に関する内容・休職に関する内容・使用期間に関する内容・残業に関する内容・身元保証に関す...

厚生労働省の進める「働き方改革」の中でも注目度の高い「同一労働同一賃金」こちらは2020年4月から大企業に適用されており、2021年4月からは中小企業に適用範囲が拡大されます。こちらではその内容をご説明させて頂きます。同一労働同一賃金とは?同一労働同一賃金の導入は、同一企業・団体におけるいわゆる正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者) と非正規雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣...

page top